電話番号

営業時間:
10時~19時
定休日:
基本祝祭日

トマトホーム > (株)トマトホームのブログ記事一覧 > 独立洗面台がある賃貸物件のメリットとデメリットとは?

独立洗面台がある賃貸物件のメリットとデメリットとは?

≪ 前へ|家具家電付き賃貸物件はお得なのか?メリットとデメリットをご紹介   記事一覧   家具家電付き賃貸物件はお得なのか?メリットとデメリットをご紹介|次へ ≫
カテゴリ:不動産

独立洗面台がある賃貸物件のメリットとデメリットとは

賃貸物件を借りる際には、洗面台の使いやすさを重視する方もいるでしょう。
そんな方におすすめなのが、独立した洗面台がある賃貸物件です。
メリットとデメリットがあるため、事前にチェックするようにしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

独立洗面台とは?

賃貸物件で独立洗面台があるということは、浴室内に洗面台がないことを示しています。
また、トイレと洗面台が別に設置されているという意味もあります。
独立した洗面台がある賃貸物件は、グレードを上げた物件が多いようです。
とくに、一人暮らし向け物件では、スペースの関係上ユニットバスを採用していることが少なくありません。
ユニットバスは「トイレ」「洗面台」「浴室」が1つになったタイプです。
なかにはトイレが別のユニットバスもありますが、どのタイプも限られたスペース内に設備を納めなければならない場合に採用されています。
独立洗面台の設置ではスペースが必要なため、ワンランクアップしたグレードだと考えておくと良いでしょう。

独立洗面台がある賃貸物件のメリット

賃貸物件に独立洗面台があると、多数のメリットがあります。
「収納スペースがある」「電源が使える」「湿気が少ない」ことなどがメリットです。
独立洗面台は収納が設けられているものが多いため、小物の整理に便利でしょう。
鏡の裏側の収納や、シンクの下に収納が付けられている場合があります。
収納が多ければ、水に触れさせたくないコスメや、ヘアケア剤の収納に便利です。
ストック品も収納できるため、週末しか買い物に行けない方も助かるでしょう。
また、電源が使えると、ドライヤーやヘアアイロンなどを使うときに便利です。
美容家電などは電源コードの長さが限られているため、使用する場所の近くに電源があると、延長コードを使わなくて済みます。
最後に、湿気が少なく、鏡が曇りにくいというメリットもあります。
最新の独立洗面台のなかには、鏡にヒーターを付けることで、より湿気で曇りにくくしたタイプもあります。

独立洗面台がある賃貸物件のデメリット

賃貸物件で独立洗面台がある物件は、家賃が高めの場合があります。
設置にはスペースが必要なため、通常より5,000円以上家賃が高くなっている物件も少なくありません。
なるべく家賃が安い物件を探したいなら、デメリットを感じてしまうでしょう。
また、浴室と別にあれば湿気は気になりませんが、完全に湿気がないとはいえません。
浴室に隣り合った場所に洗面台があるなら、浴室からの湿気に注意してください。
換気扇の設備があると、湿気が気にならなくなるでしょう。

まとめ

収納の多さや使いやすさに拘るなら、独立洗面台付の賃貸物件がおすすめです。
ただし、家賃が高くなりやすいデメリットも考慮しましょう。
デメリットがあっても使いやすさを重視する人にはおすすめの設備です。
私たち(株)トマトホームは、武庫川女子大学生向けの賃貸物件を多数取り揃えております。
住まい探しでお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|家具家電付き賃貸物件はお得なのか?メリットとデメリットをご紹介   記事一覧   家具家電付き賃貸物件はお得なのか?メリットとデメリットをご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約