電話番号

営業時間:
10時~19時
定休日:
基本祝祭日

トマトホーム > (株)トマトホームのブログ記事一覧 > 賃貸契約する際に必要な書類について解説!

賃貸契約する際に必要な書類について解説!

≪ 前へ|ペット可賃貸物件の選び方とは?種類や選び方のコツ・注意点もご紹介!   記事一覧   ペット可賃貸物件の選び方とは?種類や選び方のコツ・注意点もご紹介!|次へ ≫
カテゴリ:不動産

賃貸契約する際の必要書類は何がいるのか解説

賃貸契約の申し込みをする時に、契約に必要な書類が何点かあります。
一賃般的に入手先を事前に調べておけば慌てる必要もありません。
今回は賃貸契約にどのような書類が必要なのか解説していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸契約の際に印鑑証明書は必要?

基本的には銀行印か実印で契約は可能なのですが、不動産会社によって違うようです。
フリーターや自営業などの職業の方に対して、トラブルを未然に防ぐという理由もあるそうです。
そして発行先が役所のため、信頼性が保証されています。

連帯保証人は印鑑証明が必要か

実は本人よりも連帯保証人に証明を必要とするケースが多いです。
連帯保証人の証明書を必要とするのは、保証人が社会的に信頼に値する人物かを証明ために必要となってきます。
印鑑証明は本人ではないと発行することができないため、承諾の意思とて提出を求められることがあります。

印鑑証明を発行手続き

まずは実印を用意しましょう。
シヤチハタなどの印鑑は不可となっており、できればオーダーメイドで作成した印鑑を使うのが一般的ではあります。
印鑑の用意ができたら、お近くの役所に行きましょう。
必要な持ち物ですが、以下になります。

●実印
●顔写真付きの本人確認書類
●登録費用(500円程で、地域により金額は違います)


登録ができたら窓口で、印鑑証明の発行をしてもらいましょう。
1枚200円にて発行してくれます。
その際は有効期限が切れないように注意しましょう。

賃貸契約に戸籍謄本は必要書類なのか

賃貸契約にはさまざまな契約書類がいろいろありますし、収入証明や在籍確認書類など用意するだけで時間がかかってしまいます。
そしてなかには戸籍謄本が必要だと言われたケースもあり、困惑してしまうこともあるようです。
実際戸籍謄本が必要かと言われれば、基本的には必要はありません。
マイナンバーカードや他の本人確認書類は必要書類として認められていますが、戸籍謄本に関しては人権侵害に当たる可能性があるのです。
本籍から出身地の調査がされ、旧部落の出身の記載がある場合、差別的な扱いを受ける可能性がないとも言えません。
戸籍謄本の提出を求められた場合は拒否をすることも考えられ、なぜ必要なのか大家さんに確認してみましょう。

賃貸契約の必要書類に住民票がいるのか

賃貸契約において住民票の提出は一般的です。
なぜ住民票の提出が必要なのかといいますと、主に本人確認の意味があります。
そして住民票には、世帯全員の写しや一部の写しを選択でき、どれを選ぶのか迷ってしまいますよね。
基本的には借主の情報が知りたいので、居住する人物の情報が載っていれば問題ありません。

住民票の発行手続き

住民票の写しはお住まいの市町村役所の窓口で申請します。
発行手数料は各市町村によって違いますのでホームページなどで確認しましょう。
申請手続きの際に運転免許証などの本人確認書類が必要になりますので、お住まいの市役所へご確認ください。

まとめ

以上で賃貸契約に必要な書類について解説しました。
契約をスムーズに進めるためには、公的に身分を確認できる書類が必要です。
必要書類の取り寄せなどは余裕を持って、事前に準備をしておきましょう。
私たち(株)トマトホームは、武庫川女子大学生向けの賃貸物件を多数取り揃えております。
住まい探しでお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|ペット可賃貸物件の選び方とは?種類や選び方のコツ・注意点もご紹介!   記事一覧   ペット可賃貸物件の選び方とは?種類や選び方のコツ・注意点もご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約