電話番号

営業時間:
10時~19時
定休日:
基本祝祭日

トマトホーム > (株)トマトホームのブログ記事一覧 > 賃貸住宅の退去時に必要な原状回復とは?掃除の範囲や費用について解説

賃貸住宅の退去時に必要な原状回復とは?掃除の範囲や費用について解説

≪ 前へ|甲子園にあるキッザニア甲子園の特徴や利用情報をご紹介   記事一覧   賃貸物件の共用部分に私物を置くケースについて解説|次へ ≫

賃貸住宅の退去時に必要な原状回復とは?掃除の範囲や費用について解説

引っ越しなどの理由で賃貸住宅を退去する場合には、原状回復をする義務があります。
過失や故意による汚れなどに関して、入居前の状態になるように掃除をしなければなりません。
汚れが残ってしまうと、クリーニング費用などの料金を請求されてしまいます。
そこで掃除をする範囲などに関して、詳しくご説明したいと思います。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸住宅の原状回復に関する掃除の範囲

今まで住んでいた賃貸住宅を退去する際には、原状回復をする必要があります。
すべてに関して入居前の状態に戻すことは難しいものですが、自分でできる範囲に関して、きれいにしなければなりません。
具体的な範囲ですが、故意や過失によってできてしまった汚れや臭いの残っている箇所です。
汚れや臭いなどがあれば洗剤などで除去し、クリーンな状態にすることが必要です。
もしも汚れなどが残った状態になったら、クリーニングの料金を請求されてしまいます。
退去時には、室内のすべての箇所をくまなくチェックし、どこに汚れがあるのか確認しなければなりません。

賃貸住宅のキッチンに関する原状回復のための掃除

クロスや床に関しては、中性洗剤などを使って優しく汚れを除去します。
またシンクやガスコンロ回りに関しては、中性洗剤の他に重曹などを使って油汚れや水垢をきれいに取り去ります。
さらに換気扇とレンジフードも付着したしつこい油汚れを落とす必要があります。
部品を外し、汚れの付いた箇所はすべて除去します。

専門業者に依頼する場合のクリーニング費用

キッチンのなかでもとくに自分でクリーニングをするのが難しい箇所として、レンジフードが挙げられます。
専門業者に依頼した場合、2万円程度が相場となっているようです。

賃貸住宅の浴室に関する原状回復のための掃除

浴室に関しても原状回復をする必要がありますが、排水口に関しても忘れずに作業をおこなうことが大切です。
排水口には髪の毛が溜まりやすいので、一度部品を取り外し、髪の毛などの汚れをきれいに除去しなければなりません。
また浴槽や壁の部分には、水アカやカビなどが発生します。
洗剤やクエン酸などを活用しながら、すべての汚れを除去しなければなりません。
掃除が終了したら、再度カビが発生しないように換気扇を回してしっかりと乾燥をすることが大切です。

業者に作業を依頼する場合の費用

一般的にバスルーム全体のクリーニングを専門業者に依頼した場合、15,000円前後が相場と言われています。
ただ、業者によって料金も大きく異なります。

まとめ

退去時には自分で対応できる範囲内で、原状回復をしなければなりません。
浴室やキッチンなど、とくに汚れが付きやすい箇所は入念におこなう必要があります。
ただ掃除をする際には、傷をつけたりしないように気を付けることが大切です。
万が一キズなどが付けば、修理費用が発生してしまうので、丁寧に作業をおこなうことも重要なポイントです。
私たち(株)トマトホームは、武庫川女子大学生向けの賃貸物件を多数取り揃えております。
住まい探しでお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|甲子園にあるキッザニア甲子園の特徴や利用情報をご紹介   記事一覧   賃貸物件の共用部分に私物を置くケースについて解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約