0798-47-8181

営業時間:
10時~19時
定休日:
基本祝祭日

トマトホーム > (株)トマトホームのブログ記事一覧 > 賃貸物件でベランダへの視線が気になる!「目隠し」を取り付ける方法について

賃貸物件でベランダへの視線が気になる!「目隠し」を取り付ける方法について

≪ 前へ|賃貸物件で一人暮らしをするときにかかる費用は?貯金はできるのかを解説   記事一覧   賃貸物件の原状回復における壁の使用方法の注意点についてご紹介|次へ ≫

賃貸物件でベランダへの視線が気になる!「目隠し」を取り付ける方法について

視線が気になる状態で生活するのは、心地よいものではありません。
ベランダへの視線が気になるとき、おすすめの対策方法があります。
こちらの記事では、賃貸物件の目隠しについておすすめの方法と注意点についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件のベランダの目隠しに「フェンス」がおすすめ

賃貸物件のベランダの柵に、フェンスを取り付けることで目隠しする方法があります。
材質もさまざまありますので、自分が良いと思うものを選んで取り付けるとよいです。
ただし、固定方法に注意することがあります。
ベランダの手すりや柵などに傷を付けないように、ゴムクッションなどで固定することをおすすめします。
風に飛ばされてしまったり、傷付いたりする心配がないアイテムと固定方法で、目隠しを設置しましょう。

ベランダの目隠しは防犯対策も必要

女性が賃貸物件で生活する場合、防犯にも力を入れる必要があります。
とくに洗濯物をベランダに干すさいには注意が必要です。
例えば、男性物も一緒に干したり、あるいは室内干しにするなどし対応することをおすすめします。
目隠しを考えるさいは、全体をすっぽりと囲ってしまうと視界不良により、防犯が行き届かなくなってしまうため、注意が必要です。
可能であれば、女性は1階を避ける方が安心です。

賃貸物件のベランダの目隠しを自分でDIYする方法について

コストを抑えたい方は、自分で材料を用意して、DIYしてみてはいかがでしょうか。
ホームセンターなどで購入できる、すのこやパネルなどをうまく使って設置するのもおすすめです。また、すだれやシェードを選んで取り付けるのもよいです。
これらは、それほど高額ではないので、低コストで対応できます。
また、フェンス同様に風で飛ばされないように注意しながら対応してください。
ただし、ここで気をつけなければならないことがあります。
ベランダは、共有スペースであり、避難経路として使用される場所でもあります。
そのため、避難の邪魔になるものや重いもの、あるいは高さがあるものなどは避ける必要があります。
まずは、契約書をよく読むことをおすすめします。
また、ベランダの目隠しに何かを取り入れるさいは、先に管理会社の許可をもらってから準備するようにしましょう。

まとめ

ベランダの目隠し方法はいくつかあり、それらをDIYで設置することもできます。
ただ、固定をするさいは注意が必要です。
手すりや柵などに傷つけないように注意することはもちろんですが、風で吹き飛ばされ、落下しないようにしましょう。
そして、そのさいは管理会社の許可をとってから、安全に配慮して設置することをおすすめします。
私たち(株)トマトホームは、武庫川女子大学生向けの賃貸物件を多数取り揃えております。
住まい探しでお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸物件で一人暮らしをするときにかかる費用は?貯金はできるのかを解説   記事一覧   賃貸物件の原状回復における壁の使用方法の注意点についてご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約