電話番号

営業時間:
10時~19時
定休日:
基本祝祭日

トマトホーム > (株)トマトホームのブログ記事一覧 > 木造の賃貸アパートを選ぶメリット・デメリットとは?構造の特徴を知ろう

木造の賃貸アパートを選ぶメリット・デメリットとは?構造の特徴を知ろう

≪ 前へ|「甲子園歴史館」の見どころをご紹介!貴重な展示やスタジアムツアーも   記事一覧   一人暮らしの賃貸でメゾネット物件を借りるメリットとは|次へ ≫
カテゴリ:不動産

木造の賃貸アパートを選ぶメリット・デメリットとは?構造の特徴を知ろう

賃貸物件を探す際、建物の構造に注目したことはありますか?
「鉄筋コンクリート造」「鉄骨造」などいろいろありますが、もしかすると「木造」にマイナスなイメージを持っている方もいるかもしれません。
しかし、木造には木造ならではのメリットもたくさんあります。
そこで今回は、木造の賃貸物件を選ぶメリット・デメリットについてご紹介していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

構造から考える木造賃貸アパートのメリットとは?

木造アパートの賃貸物件を選ぶメリットは、まず「デッドスペースが少ない」ということです。
鉄筋コンクリート造や鉄骨造は柱が太いため、どうしても天井や壁に梁が飛び出してしまいます。
木造の場合は柱が細いので、部屋の中に干渉してくることはほとんどありません。
また、他の構造より通気性に優れているという点も木造のメリットです。
湿気や熱が室内にこもりにくく、ダニ、カビ、結露が発生しにくいという特徴があります。
木造に対して「火事に弱い」というイメージを持っている方もいますが、実際は火事が起きても柱の表面から炭化していくため、燃え尽きるまでにはかなりの時間かかり、建物自体が崩壊するケースは稀です。
特に築年数の新しい木造アパートには特殊素材を使用した物件もあり、耐火性は大きく向上しています。
耐震性に関しても、1981年の新耐震基準後に施行された木造アパートでは性能が大幅に見直されました。
賃貸物件探しの際は、築年数にも注目してみてくださいね。

木造賃貸アパートのデメリットとは?構造の大幅な改善も

木造の賃貸物件を選ぶデメリットとしては、「防音性が低い」ということです。
他の構造と比べると生活音が隣室や下の階に響きやすく、また外からの騒音も聞こえやすいという特徴があります。
しかし、床や壁に遮音材を入れるなどの工夫をしている木造アパートもあるので、内見の際に防音性を確認しておくとよいでしょう。
また、生活音が気になりにくい間取りになっている木造アパートもあります。
洗濯機置き場やトイレの位置など、音が出やすい設備の配置にも注目してみましょう。
また、木造アパートの通気性の高さは大きなメリットの一つですが、裏を返せば「気密性が低い」というデメリットにもなります。
他の構造と比べると冷暖房の効きが悪くなるので、断熱シートを窓に貼るなどの対策をおこないましょう。

木造賃貸アパートは家賃が安い?構造の特徴と併せて検討を

木造アパートには、メリット・デメリット両方の要素があります。
それらを天秤にかける際には、ぜひ木造アパートの大きな特徴として「家賃の安さ」も考慮に入れてみてください。
一般的に、同じ広さの他の構造よりも、木造アパートは家賃が10%程度安くなるといわれています。
エレベーターがないので、管理費もマンションほどかかりませんよ。

まとめ

築年数の浅い木造アパートでは、耐火性や耐震性が大幅に改善されています。
実際に見てみることで、大きくイメージが覆るという方も多いのではないでしょうか。
木造に「古くて弱い」という印象をお持ちの方は、ぜひ一度、内見してみてくださいね。
私たち(株)トマトホームは、武庫川女子大学生向けの賃貸物件を多数取り揃えております。
住まい探しでお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|「甲子園歴史館」の見どころをご紹介!貴重な展示やスタジアムツアーも   記事一覧   一人暮らしの賃貸でメゾネット物件を借りるメリットとは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約